この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

カテゴリ: Amazon





  1964年生まれ 岐阜県在住 
幼少期から生きづらさを抱え多感な思春期を過ごす。 
  2010年、母の死をきっかけに、生きてきた意味を模索し始め『瞑想』を学ぶようになり『観念浄化ワーク』に導かれ、内観浄化を余儀なくされる。 
  その後、自分自身に繋がり、その声に導かれながら、ブログに投稿し、今では2000件を越える。 
  また、同じように導かれている方々の自立支援の必要性を感じ、独自の自立支援のためのプログラムで育成やサポートに力を入れています。

  このブログは、今までのわたしの学びと気づきが詰まっています。
ご参考にしていただければ幸いです。




◎ライブドアブログ
この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま
http://mamanomama777.blog.jp/




◎アメブロ
http://ameblo.jp/mamanomama555/


◎FB 『ままの まま』 
◎Twitter 『@mamanomama7771』 

◎ミンネ 『ままのまま』


Amazonカテゴリーに載せているものは、Amazonでお買い求めいただけます。








ままのまま










◎ 息の会(詳細はお問い合わせくださいね)

◎ 自分の資質を知るための鑑定(メール)・・・4000円 


人は、誰もが成長したいという想いを持って生まれてきています。

そして、その想いに応じた資質を持ち、両親を選び、人生の青写真を持っているものです。 

それは、この世界に生まれ落ちて資質を育んでいくことで開いていくものです。

わたしたちは、自分の資質を育むために、毎日、神様からヒントをいただいているものです。 

繋がっているのです。 

しかし、現代人は仕事に追われたり、感情に翻弄されたりして、サインを見逃してる方が多いように感じます。 

そこでわたしは、わたしの資質を生かして、そのお手伝いをさせていただきたいなあと考えています。 

自分ひとりひとりの特性と言えるべき資質を知り、資質を育むためにすべきことを知って、自分本来の成すべき道を歩んでみませんか? 

ご本人様のお名前と生年月日、時間を事前に教えてくださいね。 



◎ フルネーム鑑定(お電話の鑑定)・・・5000円

家族を知る、絆を知る 今はそんな時期なのかなあとひとり感じています。 自分のルーツがだんだんわかってくるようになると同時に自分の家族との関係がクローズアップされてきました。 自分が生まれ落ちた時から存在する家族、自分の知らない幼少期を知ってくれている家族、日々 守ってくださるご先祖様。 繋がって、わたしは生かされているのだなあと感じています。 それは、紛れもなく、血(DNA)で繋がっていて、血族としての個性がわかってきたからかもしれません。 そこで 今、一度 ご自身の家族やご先祖様の想いを感じて、舵を切ってみませんか? 
フルネーム鑑定では、ご自身に繋がる、ご家族やご先祖様の想いを知ることが出来ます。 
7年ほど前から、ご本人様、ご家族、ご先祖様の名前を視せていただいておりますが、ご先祖様の想いが反映されている方とそうでない方がいらっしゃいます。 反映されている方は やはり、まっすぐ迷いなく自分の使命をわかっていらっしゃいますね。 
ご先祖様への想いを馳せるこの時期に、いかがでしょうか?
ご本人様の氏名、生年月日とご家族の方の氏名、生年月日を教えてくださいね。 こちらは電話での鑑定になります(zoom、ライン電話可) 。
お名前から、わかることをお伝えさせていただきます。時間は定めておりません。


◎ グラウディング呼吸法+カウンセリング(対面のみ)  3時間 /15,000円

瞑想、呼吸法、グラウディングをお教え致します。(フルネーム鑑定を受けられた方対象)
関係性の深い、ご夫婦や親子でのペアでも受付けています。その際の料金は、ペアで25,000円となります。


◎ グラウディング呼吸法10.000円/2時間

2回目以降、グラウディングの復習をされたい方にお勧めしています。
基本は対面ですが、zoomやスカイプを使っての指導もしております。


◎ 観念浄化ワークを使用した内観指導(フルネーム鑑定を受けられた方対象) 
金額等はお問い合わせください。


◎ 毎日、日記アドバイス5000円/一ヶ月 


自分の気持ちの整理の仕方、筋道立てて伝える方法、論理的な考え方を身に付ける方法を日記の付け方を指導しながらお教えします。 
観念浄化ワークの内観方法や日々の困り事のアドバイスまでサポート致します。 




💛グラウディングやカウンセリングは、出張も致します。 その際には、ご自宅を浄化させていただきますので、別途、1万円を申し受けます。
また、遠方の場合は交通費をいただく場合もございますので、ご了承くださいませ。




お問い合わせ、申し込み
mamanomama777☆gmail.com 
☆を@に変えて送信してくださいね。





ままのまま



昨日、切り火を使うことを宗教だと勘違いしている人のことを知りました。 


知った時は、えっ?と驚いただけなのですが 正しておいた方が良いので書いています。 




江戸時代の頃は日常で切り火を使っていたことを知り、わたしは、浄化のために切り火を使うことをおすすめしています。 


最近のわたしは古代祭祀に導かれていることを書いていますが、その祭祀こそ日本に綿々と伝わる心の整え方でもあります。 


そんなわたしがあることに導かれ、そこで切り火を使って場を浄めることをさせていただいています。 





イザナギとイザナミは仲睦まじく暮らして神様をどんどん生み育てていましたが 火の神様を生んだ時、陰部を火傷してしまいイザナミは亡くなってしまいました。 

そのため 死者が行く黄泉の国に行ってしまいました。 

しかし どうしても愛する妻を諦めきれないイザナギは追いかけて、黄泉の国に迎えに行くのです。 
しかし イザナミはもう、黄泉の国のものを食べてしまったあとだったのです。 
そして 落胆したイザナギが見たものは、イザナミの世にも醜い姿だったのです。 
とっさに逃げ出したイザナギをイザナミは追いかけます。 
醜い姿を見せたくはなかったからです。

命辛々、逃げ切ったイザナギは、とある水場で禊をします。 

黄泉の国でついた穢れを祓うためです。 

その時にイザナギは、祓神をお呼びして禊祓いをしていただくのです。 

そして その神を生んだのが火の神様です。 


ここからは、宇宙の成り立ちを説明しましょう。 

宇宙創造主が混濁とした中に漂っていました。 

自分が何物か知りたい!と願ったのです。 

すると その想いが原動力となり、摩擦が起こりました。 

摩擦が起こり火が生まれました。 

すると 火で暖められた場所が気体となり上昇して温度が低い場所が下降してどんどん冷えて凝縮されていき物質化(星や惑星)されたのです。 


一方、暖められた部分は気体となり、水蒸気となりました。 


水はそうやって生まれたのです。 




宇宙の起源まで遡ったのは訳があります。 


それは 
わたしがさせていただいていることは、最近作られた宗教ではないということです。 


毎日わたしは、イザナギを禊祓いした神をお呼びして、わたし自身を浄めていただいております。 

切り火はその神の生みの親である火の神様に敬意を祓うためのものです。 



わたしが日々、させていただいていることは 
世のため人のために尽くせるように 自分自身を浄めることなのです。 



汚れのついた体で人にお尽くしすることは失礼に当たるからです。 



わたしがさせていただいていることは、宇宙起源に基づいた礼儀なのです。 



宗教じゃないよ。 



だから わたしの言葉を真似して誰かが唱えたとしても それは宗教ではなく 礼儀なのだから、心配しなくてもよろしい。 


どんどん真似して、広めてください。 


お願いします。 






調べ物というと一般的には、書籍だったりPCだったりで調べるけど わたしの方法は違っていて、記憶を遡りアクセスする。 



今までそうやってわたしは歩んできた。 


自分のソレが信じられなかった時は、書籍を調べたりPCで検索をしていたけれど、間違いが多かった。 


自分のソレを信じなさいということだなと気づいてからは、真っ直ぐ歩んでいる。 


いくら調べたところで、他人の書いたものは何か違う。 


歴史書なんてホントそう。 


だから わたしは自分の記憶を遡る。 


そうすると 自分の前世もわかってくる。 


その時、言語化出来ないこともしょっちゅうだけど それでも大丈夫。 


どこかで寝かせられて、いずれ形になるから。 




今 調べているのは、というか蘇ってきているのは、出雲だ伊勢だと言ってる以前の時代のこと。 



現在過去未来と 手一杯な毎日を過ごしています。




 



神々の秩序というものがあります。 


秩序は、物事を行う上での正しい順序。また,社会・集団を正しい状態に保つための順序や決まり、を指します。 

神々の、であるから 
このように、神々がこの世を治めるための物事を行う上での正しい順序や社会・集団を正しい状態に保つための順序や決まりがある、ということです。 



そして、それが 日本は古来より連綿と受け継がれていて、 それが伝統もあり、和文化に受け継がれているものです。 



最近 着物や和文化に関心を寄せる方々が多いのは、魂が神々の秩序を思い出すためでもあるのです。 


しかし、着物や和文化にはしきたりや礼儀が関係しますが その中には、個人的に人間が創り出した秩序があるかもしれません。

受け継がれていくのは神々の秩序であり、個人的に人間が創り出した秩序ではありません。 


そこを知らずに、人間が創り出した秩序を伝統という方々がいらっしゃるようです。 


神々の、とつくくらいなので、畏れ多くて尊いものなのです。 

神々を軽んじている者は伝統を受け継ぐことは出来ないものです。 



魂が神々の秩序を思い出すために和文化に関心を寄せるだけのことを和文化に関心を寄せることが選ばれていると錯覚している者もいるようです。 

選民意識甚だしい。 



本当に和文化を受け継いでいく者は謙虚さがあり紳士的であり勤勉さがあるものです。 


新しい物を受け入れ古い物も受け入れ、残っていくものは 神々の秩序に沿った物なのです。 



考え違いされてる者が少なくないと感じる今日この頃です。 







「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。


人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。


 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。



心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力を借りて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。

自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 


出来ないことは求められないものです。 


息の本体に帰ってください。

息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 


だから、息の本体に帰ってください。


ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。


日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。


そのために出来ることを日々、お伝えしています。


このページのトップヘ